メインイメージ


一新工業では昨年度よりISO取得に取り組んできており、社内の体制や業務フローを刷新いたしました。
その効果により社内の伝達精度が上がり、結果としてお客様への品質の向上に効果がありました。

ISOに取り組むことで社員一人一人が品質の大切さをより実感することになりました。 どうぞ安心してご相談してください。
営業部門でのBefore&After
一新工業営業グループスタッフ西岡
そうですね。ISO実施前には正直なところ、数量、納期なども経験と勘(笑)でお答えすることもありました。
例えば、「確か在庫があったような・・・」などでしたので、自分で自分をフォローする場合が度々ありましたが、ISOを導入することで
全社的数量管理が見れるようになり、会社に問い合わせをすれば正確な数値をすぐに回答できるようになりました。
それに伴い、納期も正確に伝え、守ることもできお客様に大変喜ばれています。
社内も、ISO取得時にルールとなった毎朝の他部門とのミーティングを行うことにより、全部内の動きを把握でき スムーズに仕事の段取りが出来るようになり、結果的にお客様絵への満足度が上がったように思います。
製造部門でのBefore&After
一新工業製造グループスタッフ水間
品質・数量に対してアバウトになっていたのですが、全社共通チェックシートを作成することで情報共有ができ、無駄な発注が減ったことですね。
前までは発注情報を担当者が持っていたこともあり、担当者ベースで流れていて出荷が遅れることがありましたが、情報を共有することでスムーズに出荷できる体制になり、 最終的にお客様にお渡し出来る納期短縮にも役立っています。
社内に関しても、営業ともパイプが繋がる(社内会議など)ようになり、一体感を持って仕事に取り組めるようになり、お客様をイメージしながら仕事出来るようになりました。
また、協力業者さんとの間でも共通のフォーマットを持つことにより、ミスの軽減、確認の容易さなど、数量、納期、品質とお互いが納得して仕事が出来るようになりました。
出荷部門でのBefore&After
一新工業製造グループスタッフ此本
トレーサビリティ(品物の流れを知ること)が向上しましたね。
追跡が出来るようになったので、品質の改善への処方が分かりやすくなりました。
また、作業工程の効率化により、検査一つ一つに時間をかけることが出来るようになり、お客様へより良いものを納品出来るようになりました。
その他、二つの部門でチェックする体制になったり、行動指示書などのフォーマットの作成により作業の改善が行われました。

|  会社概要    |  プライバシーポリシー   |  リンク   |  サイトマップ   |
Copyright (c) 2009 Issin All Rights Reserved