メインイメージ


タレパン加工をネット上で外注する際に気をつけるポイントをお教えします。
当社と他社を比較検討をする際にご利用ください。
また発注時に発注ミスを防ぐチェック項目としてもご利用ください。
順次更新していきますのでご期待ください。
タレパン加工を外注する際に気をつけるポイント

① 複数の部品を一体の物に組立てる製品の場合、勘合性、穴、ネジ部分のピッチの精度に注意が必要。

② 曲げ加工が必要な場合、幅が狭い箇所にBR(バーリング)指定がある場合、BRを変形させないように注意が必要(ネジ、サラトリ等も含む)

③ ブレーキ曲げの際に、付く曲げ型の痕がひどくないか注意(部分によっては、曲げ加工の際に出来る凹みがある為)

④ スポット溶接がある製品の場合、スポット箇所に注意が必要(溶接部分の開きや形状が変形して寸法誤差がでる為)


|  会社概要    |  プライバシーポリシー   |  リンク   |  サイトマップ   |
Copyright (c) 2009 Issin All Rights Reserved